「最先端」ではなく、「人に寄り添う」ソリューションを目指して。

オーミケンシ(株)ソリューション事業部ではヘルスケア事業を大きなビジネスセグメントとして、長年取り組んでまいりました。その技術・アイデアは製造業向けの様々なシステム開発を通じて取得してきた情報通信・無線通信・データベースを中心とした業務管理システムの開発力を基盤とし、その経験・スキルをヘルスケア事業に展開してまいりました。

そこで一貫した視点は「患者様の目線」です。

病院に来る患者様がいかにストレス無く受診できるか、そのためにはどの部分のストレスをどう解消すればいいのか、と言うアプローチを大切にしています。

2003年にポケットベルを使用した『患者呼出システム』を病院様に導入し、院内での待ち時間を患者様の自由な時間に変えるソリューションを発表。ひきつづき『患者呼出システム』で使用する「再来受付・自動発行機」・「到着確認端末」などを順次開発・リリースいたしました。

2015年より中小規模病院・クリニック様向けの再来受付機能と自動精算機能を搭載した「卓上再来受付・自動精算機」を沖電気工業株式会社と共同開発し生産開始。さらに、中小規模病院・クリニック様向けクラウド型サービス(SaaS)として『患者呼出システム』を院外でも利用できる公衆携帯電話を使用した『患者呼出システム』サービスのリリースに至りました。

進化する技術を取り入れつつも「患者様の目線」を第一に、人に寄り添うソリューションをこれからも展開してまいります。

HealthCare オーミケンシの医療ソリューション


Copyright ©   Omikenshi Co., Ltd.  Solution DIV.